2014年03月28日

4月からの高速料金が~

近年、行動範囲の広がった私は、高速道路をよく使う。
旦那なんて、毎日高速使って大阪まで行っている。

4月から高速道路利用料が、今までETC割で済んでたのが倍になる。
それで、マイレージサービスに登録して、ポイントだけでも得しなきゃってわけで、
登録するも車載管理番号が分からず、
それも検索しながら調べ、2台分何とか終わった~。
こんな事、皆さんはとっくに済ませていたことなんでしょうね。
面倒くさいことを避けていたツケが、溜まって余計た~いへん。



今度のサンデーマーケットは、きっとこんな桜の中で開催ですよ。



  


Posted by ごもん at 23:38Comments(0)独り言

2014年03月26日

サンデーマーケット&クラフト







今年初めてのサンデーが終わりました。


さて、23日のサンデーでは、バタバタしてゆっくり出店者さんとお話しも出来ず、ご挨拶もしてない方もいたかもしれません、申し訳ありませんでした。
出店して頂いたのはいいけど、売れてくれてるかどうかも主催者としては気になるところ。
お声を掛けさせて頂いた時に、数人の出店者の方が同じことを言ってくださいました。
「サンデーは、楽しむために来てるから~」「まったり感がええんよー」って。

宣伝広報をしてると「コンセプトは?」とか「特色は?」とか聞かれるのですが、私、明確に答えられませんでした。
ー何となく好き、そこに居るのが好きーというのをどう表現していいのか・・・。
でも、まだまだ小さいこのサンデーに、参加してくださっている方々がいて、同じような思いでいてくれる。
本当に嬉しく心強かったです。

さみぃちゃんから引き継ぎましたが、思うようにいかないことも多く、見境なく愚痴ったり怒ったりへこんだりしてばかりでしたが、バックアップしてくれている実行委員の皆、出店者さん、関係者さん、皆さんが「続けよう」と頑張ってくれています。
だから、「続けなきゃ」って、また頑張ります。みんなにありがとう!     


Posted by ごもん at 15:17Comments(0)サンデーマーケット

2014年03月18日

思い通りにならない事

ちょっとダウンしてしまいました。

酷い鼻炎と咳、風邪ではないような、いつも春はこれに悩まされる。
今年は1か月も早く、この症状。
黄砂とPM2,5のせいでアレルギーなんじゃないかと思うんだけど、
病院いったら、「上気道炎の薬で様子みて、ダメだったらアレルギーだね」
毎年のことだから、私は自分の症状がわかっている。
でも、先生は私のいうことを聞いてくれない。
風邪じゃなかったら、次という風に消去法で診断してる。3日ごとに通院する身にもなってほしいし、無駄な投薬で医療保険も自身のお金も使い、何より、辛い病状を長引かせて、得するのは病院だけ。
毎年なんだから、理解してよって気分。
こんなんでいいんだろうか?
ちなみに、診察科目にアレルギー科も書いてる病院なんだけどね。  


Posted by ごもん at 21:50Comments(0)独り言

2014年03月14日

2014年03月13日

居候猫ちびの近況

やはり風邪のほうが強かった、やること一杯なのに~。
ここで下書きに置いていた記事を。




2回も里親さんに巡り合えたというのに、出戻り娘のちび。
私の仕事場に居ついてもう1年。

居候のくせに、態度がでかい、声がでかい、自己中で我がまま。
お膝が大好きなのに、抱っこが嫌い。勝手に撫でると引っ掻く。

でも、取り柄は美人なところと、人見知りしないとこ。

でも最近言われることは「太ったわね~。」

見る度に言われている、だって、ダイエット用の餌に変えても太ってるのは、
近所の猫好きおばさんの家でちゃっかり美味しい餌もらってるから。



ちび「ウ~ン!うるさいわねぇ~、飼い主ににるのよう」  
タグ :


Posted by ごもん at 15:58Comments(2)動物

2014年03月11日

風邪には

ヤバイわ、気が弛んだのか。
風邪をひいてる場合じゃないのよ、確定申告もまだ、サンデーもまだ。

風邪の初期なら、私はこれ↓ 



 ちょっとお値段が張るけど効くんだなあ、でも飲むのが遅いとだめ。
さっさと飲んで寝よ~と。  


Posted by ごもん at 20:33Comments(0)独り言

2014年03月10日

海南サンデーマーケットからのお知らせ



海南サンデーマーケット
.

サンデー開催まで2週間をきりました~。
出店が決まった方々のお知らせはもう少し待ってくださいね~、
変更のある方がでたので、クラフトとマーケットも少しだけですが、出店OK。どうしようかなって考えてる人、すぐメールしてくださいね。

少しだけ内容のお知らせです。
昨秋11月のマーケット&クラフトの折には、食品出店が少なくて、お客様や出店者の方々の空腹を満たすには、ちょっと足らなかったかなあ~って感じでしたが、今春のマーケット&クラフトの23日は、食べ物充実していますよ。

サンデー始まって以来じゃないかと思うくらい、色んなジャンルの食べ物が・・・(買い物に勤しみそう)

カレー、ピザ、団子、豚まん、おにぎり、スープ、うまこん焼き、ハンバーグサンド、しらす、はっさく、パン、焼き菓子、ソーダ、コーヒー・・・
カレーなんて、3店出店なんですよ~、各々のお店は工夫を凝らして、提供してくださいます、食べ比べも楽しいですよ。

いつものサンデーメンバーはもちろん、新しく出店される方も多くて、サンデーはこの春から活性化しています。
「サンデー?行ったことあるよ~」って言ってる方も、お友達誘って、遊びにおいで~。







.
  


Posted by ごもん at 21:29Comments(0)サンデーマーケット

2014年03月05日

ちょっとホッとした出来事

2月の大雪の前日、ウチの飼猫が脱走し、夕方近所を私は猫の名を呼びながら探していました。
すると、みかん畑から「ニャッ」と言いながら黒猫が出てきて私の足元にじゃれ付きます、「君はどこの仔?」。
まだ1歳前後の若くきれいな猫ちゃんで、初めて会ったのに抱き上げても嫌がりません。
大人しく抱かれて、顔を寄せてきます。間違いなく飼猫です。
近所では見慣れない顔で、どこから来たのやらその仔を抱いて、その仔の家を探してみましたがその時は見つからず、
飼い主の元に帰れるだろうとみかん畑で放しました。

今の時期、この辺りの山は罠をしかけていて、ウチの猫の1匹も遊びに出て罠にかかり足を切断する怪我をしました。
それで、とても気にかかり、飼い主さんに言っておきたかったのです。

その後、その猫と会う事がなかったのですが、2日前犬と散歩に出たときに、近所の家の玄関前に動物用のバスケットが置いてあるのを見つけました。この家には動物は飼っていなかったはず、ちょうど、家から出てきた奥さんに「こちらで猫飼ってますか?」と聞いてみました。

すると、「飼ってるわけじゃないけど、猫が居ついて困ってるのよ、家族は動物が嫌いで家の中に入れるわけにもいかないから、外に置いてるバスケットに入れてるのよ。」「2,3日前に怪我をしてきてね、病院で化膿止めの薬をもらってきたのよ。」「誰か飼ってくれる人ないかしらねえ、このままだと困るし。」

やっぱり、怪我してしまったんだ、病院に連れて行ってくれたことにはホッとしたけどこれ以上は望めそうにない。

私が気になって声をかけた訳を話し、もし飼えないのなら里親を探す方法を話し、里親を探すのをお手伝いすることもできるからと言って帰ってきました。

今日、以前「子猫がほしい」と言っていた人のことを思い出し、用事もあったのでその人の職場へ行き「子猫じゃないんだけど・・・」と話してみたら、見てみたいと言ってくれました。

善は急げで、すぐ保護しているお宅に向かいました。猫はいるだろうか?
玄関前に例のバスケット、中を覗くと狭いなかで蹲っている。
チャイムを押し、猫を飼ってくれるかもしれない人が居ることを伝えると、すぐにも連れていってほしい様子。

バスケットの中の猫の状態を確認したかったので、蓋をあけると思っていたより大きい黒猫ちゃん。「アレ?」
大人しく抱かれる、やはり、あの黒猫だ、怪我の状態は思ったより大きく酷い、でも罠にかかったのではないように思いました。
刃物の傷みたいです。
でもこれじゃあ、貰ってもらえないと思いました。
思っていたより大きい(たぶん1歳位かな)、怪我も酷い(治療費がかかる)

でも、気立てが良い、今まで出会ったどの犬猫より性格がよく、怪我しているというのに暴れず抱かす。
毛並器量がいい、とっても可愛い顔の黒猫ちゃんです。
とにかく会ってもらわなきや!っと電話して来てもらいました。

その人はすぐ来てくださり見てもらったのですが、怪我の具合が悪いことと病気を持ってないかが気になったようでした。
それで、その人は自分で病院に連れていくと言います。ワンちゃんを飼っていてかかり付けの病院があると。

それでお願いしました。このままここへ置いて帰るより、出来るところまでかかわろうと私も腹を括りました。
ダメなら、私も病院代を負担するからと伝えて、病院へ運んでもらいました。

診察を終わるなり、電話を頂きました。傷口を縫合したこと、診察代は病院のご厚意で格安でしていただけたこと、傷口が見えなくなったのでお世話するのに気が楽になるだろうということなど。

その人のお宅に着いて、少ししてまたお電話がありました。
初めてあったその人にも、大人しく抱かれ懐きそうな感じがあるそうです。

私 「ごめんね!、思っていた猫ちゃんじゃないし、お世話かけることになって」
その人は 「あのまま、ほっとけやんよー、もう、飼うよ」と言ってくれました。

良かったねえ~、黒猫ちゃん。あなたの綺麗なゴールドアイを見たら、みんな虜になるんだね。
良い人にめぐり会えてよかったね~。

まだ、色々問題は残ってるけど、昨日までの猫ちゃんの状態よりは明日の猫ちゃんの状態が良い方に進んだということは確かだ。

簡単に捨てる前に出来ることが有るはずです、死ぬために生まれてきたんじゃない。






  
タグ :里親


Posted by ごもん at 23:09Comments(2)動物